読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

孤独のレシピ

美味しい料理とお菓子と漫画

駄文(特に役に立たない落書きですので読み飛ばすことを推奨します)

雑談

今週のお題「私がブログを書く理由」

 

ここから下は駄文垂れ流しのクッソくだらない読む価値もない黒歴史確定ポエム丸出し文章になっております

それでもいいよ、と仰られる心の広い方のみ、読んで頂くことを推奨します。

 

 

 

 

 

自分がブログを書く理由、うーん、まぁ詰まる所誰かに自分を見てもらいたいからですかね

多分ブログ見てるみんな同じ理由だと思います(もし、そんなことねーよって人が居たら本当にすいませんm(._.)m)

人の役に立ちたかったり、誰かに救って欲しかったり、あるいはただ共感して欲しかったり、逆に相手を怒らせたくてわざと炎上させるようなことを書いたり、やり方は様々ですが、とにかく、他の人と繋がりたい、誰かの体温を感じたい、自分を認識して欲しいってことだと思います。

承認欲求とでもいうのでしょうか、自分は心理学に詳しく無いので適当なことは書けませんが誰にでもある当然の欲求だと思います

 

誰かに自分を認識して貰い、初めて自分は己の姿かたちを認識することができるって、誰か偉い人が言ってた気がするんですけど誰だっけ?

名前は忘れてしまったけれど、まぁその通りだなぁ、と当時は深く納得しました。今もしてます。

自分の姿かたちが分かって、ああ、自分はこういう人間なんだと安心できる

他者があって自分があるのだから、自分の姿かたちをもっとよく知るにはもっと沢山の他者と繋がらなくてはならない、でも他人と直接繋がりを持つのは怖い、自分を攻撃したり裏切ったりするかもしれない、あるいは逆に、この人は受け入れられないと、他人を傷付けてしまうかもしれない、

人ですから、どうしたって埋まらない溝はある

けれど、ブログなら、その傷を最小限に沢山の人と繋がれるんじゃ無いかと

認めてもらえるんじゃ無いかと

 

ほんとは逃げだとも分かっています

顔の見えない第三者と繋がっても、その糸は細くて脆くて直ぐ切れてしまうものだというのも

例えばここで自分がこのブログを退会すれば、ハイさよなら、もうここにいる人たちと誰とも繋がることは二度とありません。

 

まぁそれがメリットといえばその通りなんですけども

 

広く浅く、沢山の誰かに自分を肯定してもらえる場所、その場所を守る為に自分はブログを書いている、そんな気がします。

でも、本当はこんな脆く細い糸じゃなく、傷ついても傷付けてもへっちゃらなくらい太くてしっかりとした手綱を誰かと繋げられたらなぁ、

なんて思ったりもします。

 

ここまで読んでくださった方、ウジ虫を更にウジウジと煮込んだようなくだらない文章に付き合って頂き誠にありがとうございます‼︎

結局なにがいーてーんだよ、と思われた方、すいません、自分でもよくわかりません‼︎

よくわからないまま、それでも何か吐き出したくてこのような駄文をツラツラと書いてしまいました。でも後悔はしてません。

少しスッキリもしました。

こーゆーどうしようもない自分の内を他人にひけらかせるのも、ブログのいいところですかね

あんまりやると見に来てくれる人いなくなっちゃいそうですけどね…(^^;;